書評」カテゴリーアーカイブ

〔書評〕伊藤邦武『プラグマティズム入門』 ~超大国を築いた哲学 現代国際問題 解決の糸口~

 昨年11月、米大統領選においてクリントン氏がトランプ氏に敗れたことは記憶に新しい。オバマ氏にとっては、クリントン氏は自身の思想の中核を成すプラグマティズムの思想的後継者であった。アメリカでは多くの政治家や起業家たちがこ… 続きを読む »