輝き人からのメッセージ フリーアナウンサー・能政夕介

投稿者: | 2018年5月28日

「本当に楽しいこと見つけて」

2013年3月に楽天を退社し、同年11月よりフリーアナウンサーに転職した能政夕介さんは、イベント司会やラジオのDJとして活躍中だ。能政さんに、「転職」をテーマとしてインタビューを行った。

 

――能政さんは有名企業から転職してフリーアナウンサーになられていますが、転職されたきっかけを教えてください。

一番大きなきっかけは東日本大震災後に岩手県に行き、あるシェフの方と出会ったことです。その方は震災の翌日に自分のレストランを出店する予定でした。震災後、家族も店もすべて失った状態でも、もう一度自身のレストランを持つ夢に向かって奮起している姿を見て「確かに今の仕事は楽しいし、やりがいもある。けれども、この方のように本気で打ち込めていることなのかな?」という疑問を抱いたんです。そんな時、一生かけてやりたいと思ったのがアナウンサーの仕事だったんです。

――転職されて、大変だったことや良かったことを教えてください。

一からアナウンサーを始めたので、最初は仕事も売り上げも全然なかったし、不安なことだらけでした。けれども、「会社」という肩書をなくして、お客様からの「ありがとう」という感謝の言葉がダイレクトに自分自身への対価として得られるという点に、この仕事の楽しさや魅力を感じています。

――最後に就活中の大学生に向けたメッセージをお願いします。

世の中にはたくさんの選択肢があふれていると思います。まずは行動して、自分にとって本当に楽しいと思えることを見つけてください。

【池谷祐美】