虎党応援隊in 東京 初のドーム観戦

投稿者: | 2018年5月28日

今年もプロ野球のレギュラーシーズンが開幕した。阪神タイガースの開幕カードはいきなり伝統の一戦、東京ドームでの巨人戦だった。

阪神はこの球場で年間12試合(年によっては13試合)を戦う。ところが私はこれまで他の関東の球場、横浜スタジアム、神宮球場に行ったことはあるものの、東京ドームには行ったことがなかった。

東京ドームでの観戦を計画したが開幕カードの巨人阪神の試合ということもあってチケットを入手するのは至難の業。複数のサイトをあたって、ようやく3塁側の2階内野席が取れた。

4月1日、私は東京ドームに足を踏み入れた。外野のレフトビジター応援席ではなかったので、周りは巨人ファンばかりだろうかと不安だったが、実際に行ってみると内野席でも3塁側の席は阪神ファンがかなり多く、巨人の応援歌の替え歌を歌っている人もいたほどだ。私の席の周りもほとんど阪神ファンだったので安心した。他の場所を見ても、レフトスタンドは、普段は半分ほど巨人ファンが入るらしいのだが、阪神戦の時はレフトスタンド全体が阪神ファンで埋まっているので思ったより、アウェーではなかった。

試合の方は、阪神・梅野とロサリオのホームランが出て、2点を先制するも、4回裏、巨人・岡本に特大3ランを被弾して逆転されてしまった。

その後は打線がつながりを欠き、2対3で敗戦となった。今度は応援団のいるレフトスタンドの席を取って夏休みに行きたいと思う。 【近藤隆貴】