月別アーカイブ: 2018年5月

〔寄稿〕同志社大学マンドリンクラブ

マンドリンという楽器をご存知でしょうか? 実はマンドリンは日本人にもなじみの深い楽器で、その楽しくもはかなげな独特の音色は古くから多くの人を惹きつけてきました。 私たちマンドリンクラブは年に2回の定期演奏会と地方演奏会を… 続きを読む »

強制わいせつ報道に思う 元アイドル山口氏

その日、ツイッターを眺めていると、目を疑うニュースが飛び込んできた。「TOKIO山口達也氏、女子高生に強制わいせつで書類送検」 報道によると山口氏は2月、自身が司会を務める番組で知り合った女子高校生を自宅に呼び出し、無理… 続きを読む »

日本文化、台湾に浸透 国ぐるみでも交流を

台湾は日本と良好な関係にある。サブカルチャーを通じた交流は盛んであるし、観光地としても人気がある。震災が起きた際には、お互いに多額の寄付金を送付し、義援金を募るなど、精神的な部分もつながりが深い。そんな親日国の中心地、台… 続きを読む »

虎党応援隊in 東京 初のドーム観戦

今年もプロ野球のレギュラーシーズンが開幕した。阪神タイガースの開幕カードはいきなり伝統の一戦、東京ドームでの巨人戦だった。 阪神はこの球場で年間12試合(年によっては13試合)を戦う。ところが私はこれまで他の関東の球場、… 続きを読む »

井の中の蛙、大学を知る

「私アメリカに留学してたんだ。少しの間だけだけど」 大したことなさそうにに話す友達の言葉から、私は自分の見てきた世界の狭さを強く感じた。 私は北海道の田舎から本学の英文学科に入学した。高校時代は田舎の進学校で過ごした。当… 続きを読む »

〔紫風〕第107号

梅雨の足音が聞こえる。うっとうしい梅雨の晴れ間くらいは、楽しく過ごしたいものだ。北原白秋は「梅雨の晴れ間」の題で詩を書いている。梅雨で水浸しの舞台。役者もお客も総動員で水かきをする詩だが、一節に〈廻せ 廻せ 水ぐるま/梅… 続きを読む »

歴史刻む2自治寮 此春寮 伝統の灯守る

今出川キャンパスから徒歩数分。相国寺の塀に沿って北へ進み最初のT字路を右に曲がって少し行くと突然レンガ積みの壁と鉄の門が現れる。奥には白いコンクリート造りの建物がたたずむ。此春寮だ。 歴史は古く、1940年にまでさかのぼ… 続きを読む »