英語教師とマンツーマン セブ島 コスパ短期留学

投稿者: | 2017年11月22日

英語を学びたい大学生の留学先として、近年人気が急上昇しているフィリピン・セブ島。今夏、長期休みを利用して1か月間留学した私が話題のセブ留学の概要をお伝えする。

この島はあまりお金がない大学生にとっておすすめの留学先だ。航空券はセブパシフィック航空というフィリピンのLCCを使えば往復約4万円程度で済む。物価は安く、ノートが1冊約20円で買える。コストを極限まで抑えられる。

もう一つのメリットは、マンツーマンレッスンを受けられるということだ。欧米留学では、講師一人に対して生徒が10人以上という状況も少なくないが、人件費が安いフィリピンでは一対一の指導が一般的。レッスンでは間違った発音をその場で指摘、矯正してもらえるので上達が早い。私はRの音を徹底的に練習させられた。「Curl your tongue!(舌を巻け!)」何回も注意されては舌の動きを修正し、口の筋肉が痛くなるほど練習を重ねた。努力すれば1か月の留学でもカタカナ英語から脱却し、ネイティブに聞き返されない発音ができるようになる。

語学留学といえばアメリカ・イギリス・オーストラリアと考えている方は多いかもしれない。しかし私は、あまりお金をかけずに講師と一対一で密度の濃い学びができる、コスパ最強のセブ留学を勧めたい。             【吉冨優太】