団体活動の発露の場 EVE&クローバー祭

投稿者: | 2017年11月22日

クローバー祭大盛況

11月4、5日、クローバー祭が京田辺キャンパスにて開催された。13年目となる今年は「京田辺、田舎やめるってよ」をテーマに2日間熱い催しが行われた。

スペシャルゲストに歌手やお笑い芸人が招待された。 4日はサッカーアニメ『DAYS』のエンディング曲を歌う「Shout it Out」、バレーアニメ『ハイキュー!!』の主題歌を歌う「BURNOUT SYNDROMES」による音楽ステージ。5日のお笑いステージには吉本の人気コンビ「ジャングルポケット」や「プリマ旦那」が登場した。また、軽音楽部やタップダンスサークルの公演、「同志社戦隊タナレンジャー」によるヒーローショーも行われ、多くの観客でにぎわった。

福島親交企画では「東日本大震災復興支援募金活動」「福島観光物産展」「起き上がりこぼし絵付け体験」などを行い福島の復興の手伝いや魅力を存分に伝える企画が催された。

本局も「世界にひとつだけの新聞を作ろう」という活動を行った。これは来場してくれた人の写真を新聞記事とともに掲載し世界で一枚だけの新聞を発行するプログラムで、多くの子供たちが来てくれた。

【萩原弘己】

EVEの意味とは?

11月1日から本学の創立を祝う第142回同志社EVEが始まった。今年は出店期間として11月26~28日の三日間、今出川キャンパスで様々なイベントが開催される。

「EVE」は前夜という意味である。創立記念日にあたる11月29日の前夜祭という意味で名付けられた。同志社EVEは学園祭ではなく、「学生の自主管理、自主運営」と「団体活動の発露の場」という二つを理念に基づく創立記念行事であるとされている。

今年度のテーマは「紫光熱戦」。無限の可能性を持つ本学の学生を、大学のイメージカラーになぞらえて「紫光」と表現し、EVEを互いに交わる「熱戦」の場とみたてたものだ。伝統的行事同志社EVE。学生主体の「行事」として成功を収めてほしい。

【市橋日向】