「エシカル」想い届け 11月2日参加型ファッションショー「PLUS ONE2017」

投稿者: | 2017年9月27日

ウォーキングの練習は8月から

「関わったすべての人たちが私たちと同じエシカルの発信者になってほしい」。そんな願いの込められたファッションショー「PLUS ONE(プラスワン)」が11月2日、京都市・上京区の京都府立府民ホールアルティにて開催される。運営するのは本紙第102号で紹介したSee-Sawという学生団体だ。
このイベントは2011年に国際問題啓発のため、フェアトレード・ファッションショーとしては関西で初めて本学学生の手で開催された。今年のコンセプトは「Ethical ARE…」。「Ethical(エシカル)」とは「倫理的な」という意味。消費者が環境や社会問題に配慮し、消費活動を行うことである。このようにエシカルな消費活動を一つの視点だけではなく幅の広い視点から行ってほしいとの願いから、複数形のbe動詞「ARE」をつけたコンセプトを掲げ、イベントを運営することになった。

女性モデル

イベントは2部構成で行われる予定だ。出演するモデルはすべて京都府内の学生だ。第1部では協賛企業から借りた服を着用。第2部では運営団体がリメイクした服とリサイクルの着物を着用する。第1部と第2部との間には、企業からの協賛によって得たリップクリームや傘、ネックレスといったエシカルなグッズが当たる抽選会も行う予定だ。エシカルについて学べる映像をショー内で上映するなど、参加型のファッションショーになっている。

男性モデル

今年で6回目を迎える「プラスワン」。「準備は順調に進んでいる。最高のショーを皆さんに届けたい」と、福井栞さん(文・3)は語る。イベントを通して多くの人にエシカルを知ってほしい。そこから国際問題解決へつなげたい。そんな想いのこもったファッションショーにぜひ参加してみてはいかがだろうか。【市橋日向】

○イベント情報「PLUS ONE 2017」

日時 11月2日(木) 18時30分~20時30分

場所 京都府立府民ホールアルティ

前売り券 500円

当日券 700円

○お申し込みはこちらのフォームから

URL https://ssl.form-mailer.jp/fms/2401e677529396