世界に一つだけの新聞を作ろう 寒梅館夏まつり2017(1)

投稿者: | 2017年8月30日

本日8月26日、ここ同志社大学で寒梅館夏まつりが開催されました。このイベントは2006年から始まり、今年で12回目です。同志社大学の学生が京都市上京区の協力を得て、地域の人々に日頃の感謝を届け、交流を深めるのを目的に、毎年行われています。

今年の夏まつりも、魅力的なイベントがいっぱいありました。おかし獲得ゲームやミサンガづくり、キャンドルポット作りなど、学生たちが主催する企画で大盛況でした。1つの催し物は10分から20分の短時間で終わるため、たくさんの催し物に足を運んだひとも多かったようです。

午後4時からは1階のハーディーホールでスペシャルステージが行われました。ヒーローショーやマジックショー、サマーコンサートといったプログラムが披露され、会場は熱気に包まれました。

毎年、大勢の来場でにぎわう夏まつりでは、学生たちが皆さんを笑顔にする楽しい企画を考えています。来年もぜひ、お友達をさそって参加してみてください。【吉冨優太】

※この記事は2017年8月26日に行われた寒梅館夏まつりの企画で使用されたものです。