奈良⇒京都 自転車通学

投稿者: | 2017年6月20日

私は奈良から約2時間かけて今出川まで通学しているが、その途中の電車内でふと思うことがあった。「自分の力だけで通学すると、どれだけ時間がかかるのだろうか」

電車に乗っているだけでも少しつらいというのに、それを利用しないとなるとどれだけ大変なのだろう。そんなふとした思いつきから、3月27日の朝、私は愛用する自転車にまたがり、今出川キャンパスまでの約70キロの道のりを進み始めた。

出発地点の近鉄松塚駅

○出発、そして平城京へ

ルートは、奈良と京都にある2つの自転車道を利用。奈良の自転車道がすぐ近くにある松塚駅から、8時27分に出発した。

意気揚々とこぎ出し、出だしはとても快調に進む。汗ばむので上着を脱いだり水分補給をしたりしながら、平城京へ10時9分に到着。約25キロの道のりを1時間40分程度で進め、開始前に想定していた日没よりは早く着きそうだ、などと考えていた。

思ったより早く着いた平城京

 

○相次ぐアクシデント

奈良と京都の県境

少し休憩をとり、平城京を10時25分に出発。そして10時50分に奈良から京都へ入った。

ここまでは順調だったが、そのあとに少し迷子になってしまった。京都の自転車道が見つからなかったのだ。地図を確認しながら20分程度さまよい、ようやく道を発見したものの、知らない場所で道に迷うことにかなりの不安を覚えた。

ここからは順調に進むか、と思ったが、今度はパラパラと雨が降ってきた。小雨ですぐ止んだとはいえ、相次ぐ不測の事態に少しばかり参ってしまった。

 

○京都市内へ

京田辺キャンパスの校門前

アクジテントもあったが、京田辺キャンパスに12時ちょうどに到着。昼食をとり、12時58分には京田辺を出発した。

昼からは晴れ間も見えて、気分よく進むことができる、と思っていたが、京田辺で自転車に載せた荷物が思いのほか影響して、ペダルの重さがかなり変わったのだ。別の日に運べばよかったと後悔しながらも、京都市に14時52分に入った。

京都市内へ

かなりの距離を進んだが、最初の頃よりペースも落ち、やる気もなくしかけていた。そんなとき、遠くに小さく見えた京都タワーが、私のやる気を取り戻してくれた。

真ん中に小さく見える京都タワー

 

○ついに到着!

七条大橋を通過

鴨川沿いを北上していき、七条大橋や三条大橋を横目に見ながら重いペダルをこぎ続ける。そして加茂大橋を越えて今出川通りを西へ進み、17時2分、8時間35分かけて、ついに今出川キャンパスにたどりついた。

今出川キャンパスの正門前に到着

開始前の予想通り、日没前の到着ではあったが、途中の期待よりは遅い到着になってしまった。しかし、そのときの私は、到着時間など気にせず、全身の疲労感と足に響く筋肉痛で早く休みたいと思うばかりであった。

 

翌日に来た道を戻り、昼過ぎに自宅へ帰ったあとも膝が痛むばかりで達成感は少し覚える程度だった。

思いつきで行ったので、この企画にほとんど意味はない。しかし、とにかく時間だけがある休み期間に、普段はできない無駄なことをやってみるのも面白いのではないだろうか。

 

ただ、自転車はいいものを使うことをおすすめする。【橋本知尭】