就職活動 早期対策が重要 キャリアセンターの有効活用を

投稿者: | 2016年12月3日

 「3月に説明会や採用案内解禁、6月に採用面接などの選考活動解禁」。2018年卒予定者の就職活動のスケジュールが正式決定した。しかし、「準備」は既に始まり、就活戦線は熱を帯びている。

「就活は準備が8割です」。キャリアセンターで10月の初めに開催された準備講座には多くの3回生が参加し、耳を傾けた。これからのスケジュールや業界研究についての概要を説明した本講座。「早急に準備を始めないと間に合わない、遅くても今から自己分析を」と締めくくられた。参加した学生にも焦りが見られた。

事実、3月~4月に多くの会社でエントリーシートや履歴書の提出締切が重なると予想される。合同説明会にも足を運ばなければならない。「3月は睡眠時間が平均2時間を切った」「早めに業界研究をしておけばよかった」と2017年卒予定の男性(法学部法律学科)は、その過酷さを語る。3月に苦しい思いをしないためにも、早めの準備が肝心だ。

本学キャリアセンターでは、自己分析や業界研究のセミナーがほぼ毎日開催されている。この機会に積極的に参加しよう。e-careerもこまめにチェックしておこう。本学独自に行われているOB・OG訪問や、インターンシップ、会社説明会の概要や予定が記載されている。また授業などで参加できなかった人のために一部の就職説明会は動画としてアップロードされている。

就職活動は自分の将来を大きく左右する。本学の就職支援システムを上手に活用し、より良いスタートを切ろう。【森元 茜】

%e5%b0%b1%e6%b4%bb%ef%bc%92