ロマンティックな夜をお届け――軽音楽部 ホテルで演奏披露

投稿者: | 2016年9月3日

去る6月6日、京都タワーホテルにて、宴会場のリニューアルを記念した「感謝の夕べ」が開催された。その栄えある舞台で演奏を披露したのが、本学の軽音楽部だ。

大勢の人でにぎわう新宴会場の正面ステージに登場した彼らは、ジャズのスタンダードな曲からスローバラードまで、参加者の年代に合わせて選んだ曲を次々と披露。その優雅でゆったりとした曲調は、会場内を上質な雰囲気に包んだ。聴いている一人でも多くの人に楽しんでもらえるように努めたという。

なぜ今回の催しが実現したのか。本学軽音楽部は、昨年度、同ホテル主催のジャズイベントに立命館大学とともに参加。さらに毎週金曜日には、タワー内にあるスカイラウンジで演奏を行うなど、日ごろからの活動実績がある。今回の「感謝の夕べ」では、本学卒業生も多数出席することもあり参加につながった。

軽音楽部渉外担当の鍋島さん(文・3)は、当イベント参加について「多くの方からお褒めの言葉をいただけたことが励みになった」と振り返る。今後も地域の音楽イベントや交流会・同窓会でのBGM演奏など、外部で演奏する機会がまだまだ続くという。演奏依頼も学内外問わずに募集しているとのことだ。

活躍の場を広げる軽音楽部。彼らの飛躍に、これからも「耳」が離せない。【高橋 翼】