クラブ・サークル選びに生かそう 同志社のオリエンテーション(2016年4月)

投稿者: | 2016年4月1日

大学生活の始まりを迎え、期待が膨らむ一方、不安も大きいという人は多いだろう。そんな入学後の不安解消には、本学で行われるオリエンテーションに参加することをすすめる。オリエンテーションは毎年、今出川、京田辺の両キャンパスで行われており、様々なガイダンスやクラブ・サークルの勧誘活動などが行われる。期間は4月末まで。期間中に設置されるブースでは、クラブ・サークルの活動内容をはじめ、大学生活についてなど、先輩から直接さまざまな話を聞くことができる。設置期間は、今出川校地では4月2日(土)~5日(火)まで。京田辺校地では4月2日(土)~4日(月)まで。

本学では現在、約400もの団体が活動している。自分に合う団体を見つけるには、様々な団体の活動に触れることが重要だ。新歓活動に参加することで、実際の活動の詳細や、団体の雰囲気などを理解できる。オリエンテーションへの参加がきっかけで、入学前は全く考えていなかったことを新しく始めたという人も多い。自分の興味・関心に合った団体はもちろんだが、何となく話を聞いた団体の活動に強く興味をそそられる、ということもオリエンテーションの楽しみだ。

だが、新歓の参加にあたって注意すべきこともある。まず勧誘をうける際に、氏名や連絡先を気軽に教えないようにしよう。強引な勧誘への進展や、サークルを装った宗教団体による悪質な勧誘の被害を受ける原因にもなりうる。次に、未成年の飲酒・喫煙は違法だ。特に飲酒は、実際に死亡事故につながっている。学内全体が浮足立つこの時期、勧められて断れないことや、その場の雰囲気に呑まれ飲酒をしてしまうことも想定できる。お酒を勧められた際にははっきりと断る勇気と、絶対に飲酒をしないという心構えが必要だ。

クラブ・サークル選びは大学生活を送るうえで重要な選択だ。オリエンテーションを十分に活用し、後悔のない選択ができることを願う。