徒歩?電車?自転車? 知っておきたい通学時のルール(2015年4月)

投稿者: | 2015年4月1日

各都道府県から学生が集まっている本学では電車や自転車など、登校のために様々な手段を用いている。新学年が始まるこの時期を期に、今一度確認するのも良いだろう。

交通手段の発達している地に校舎があるため、電車など公共交通機関を利用して、1~2時間かけて通学する学生も珍しくない。そうした学生が使用しているのが通学定期券だ。原則として自宅最寄り駅から主たる通学校地の最寄り駅までで、購入する際には各交通機関窓口で学生証と通学証明書を提示する必要がある。

また、本学では自転車通学は禁止されている。特に京田辺校地では道路の幅が狭く、大型車の通行が多いため自転車通学は危険である。今出川校地に自転車を乗り入れる際には、入構許可シールの貼付が必要となる。各門衛所で交付されており、貰う際には学生証と通学証明書を提示しなければならない。現在、自転車の盗難が多発しているため対策として、二重ロックと防犯登録などをするのも忘れてはならない。

4月は新歓の時期である。校内で夜遅くまで活動することもあるだろう。今出川キャンパス正門の小門は24時間開いているため、自転車が締め出されることはない。しかし、室町駐輪場では平日は22時20分、新町キャンパスは22時30分には閉門する。また、京阪本線、出町柳駅淀屋橋、中之島方面の終発は0時19分である。帰宅の都合を考えながら、楽しく新歓を行いたいものだ。