スポーツの魅力調査第1弾 体育会ヨット部

同志社大学体育会ヨット部の合宿にお邪魔し、選手とマネジャーの皆さんにヨット部の魅力について取材した。 ――ずばり、ヨット部の魅力はなんですか。 「ヨット部の魅力は選手とマネジャーの仲もいいアットホームさです。マネジャーも… 続きを読む »

虎党応援隊in福岡『食べ放題』行列が阻む

今年もプロ野球が始まった。 日本のプロ野球では毎年、3月末の開幕に先立ってオープン戦が行われる。オープン戦はシーズン中とは違い、リーグに関係なく試合が組まれるため、全国の様々な球場で試合が行われる。そこで、今回は福岡ヤフ… 続きを読む »

〔紫風〕第106号

高校1年の夏、新聞部の顧問に連れられて南三陸を訪れた。当時は震災から2年半が経過しており、惨状を伝える報道は影を潜め、むしろ復興の兆しを伝えるニュースが増えていた▼しかし、私たちを乗せたバスの窓から見えたのは、どこまでも… 続きを読む »

サボり魔に負けるな! 法学部生の一年記

法学部に入学する前、よく「勉強がしんどくて大変らしいですよ」とか「留年率が高いらしいですよ」などネガティブな話を聞いて不安になった人もいるのではないか。そんな人のために不真面目ながらも法学部生として1年を過ごした筆者の感… 続きを読む »

留学生との懸け橋、ピアサポート制度

本学の留学生課が、今年もピアサポート制度のメンバーを募集している。この制度は、これから始まる留学生の生活を、日本人学生が補助するための制度だ。 ピアサポーターたちは、外国人留学生(正規学生、特別留学生、日本語・日本文化教… 続きを読む »

ようこそ同志社へ! 新入生向け記事まとめ

この春、同志社の一員になる皆さんへ 同志社大学への切符を勝ち取った皆さん、合格おめでとうございます! 春からの新生活に向けて、それぞれ期待と不安を胸に、入学式のその日を心待ちにしているかと思います。学生新聞局はそんな新入… 続きを読む »

学生メディア、一緒に作りませんか?〔PR〕

学生新聞局は、同志社大学公認のメディア・サークルです。定期的な新聞発行だけでなく、ニュースサイト「同志社学生新聞デジタル」の運営や「寒梅館夏まつり(毎年8月実施)」、「クローバー祭(毎年11月実施)」への出店など精力的に… 続きを読む »

くすぶり続ける火種 慰安婦問題

日本、「おわびと反省」の25年 2月に行われる平昌五輪を前に、日韓両国の関係は悪化の一途をたどっている。 韓国政府は昨年12月、従軍慰安婦をめぐる2015年末の「最終的かつ不可逆的な解決」をうたった日韓合意を検証した。非… 続きを読む »

新局長手記(2018年・兪 和廷)

 日本に来て2年目。今も、日本語を使うのが怖い時が1日に何回もある。文章の中の単語が、意味自体は通じても、全く違うニュアンスで受けとめられるのが怖い。相手を傷つけてはいないか、無礼ではないか、発言したあとでもすぐに日本語… 続きを読む »